探偵はどのくらいの割合で不倫を見破るのか?

探偵

探偵の仕事の大部分が浮気や不倫の調査になります。探偵にしても競争が激しくなってきていますのでそれに伴い調査費用が安くなってきています。こういう調査において探偵を利用するというのは一般的になりつつあります。探偵を依頼されたときにどのくらいの確率で証拠をつかまれるのかどうか気になるところです。

尾行と監視が一般的な調査

探偵の調査の基本となるのが尾行と監視になります。一人でやるとなると大変なのですが、組織化されていますので一日中尾行や監視をすることが可能です。尾行や監視をしている時に不倫現場を見つけられたとなると証拠をつかまれます。

探偵事務所としては証拠をつかまなければ報酬を得ることができませんので、必死に証拠をつかもうとします。素人の私たちが何か策をひねり出そうと思っても、なかなか逃げ切ることは難しいという風に思うべきです。

ネットを駆使して監視

尾行や監視と言った原始的なやり方だけでなく、インターネットを利用して不倫SNSやTwitter、ブログなどに関しても監視されていると言ってもいいでしょう。こういう誰にでも見られるような場所で不倫をしているということを匂わすことはないにしても、行動範囲や交友関係を知るために利用できます。

自分はそういうことを発していなくても周囲の人がネットで噂をしていることもあり得ます。本名を隠して利用していたとしても、結果的に不倫をしているという事実は暴かれると言ってもいいでしょう。

探偵を利用させないようにする

不倫をばれないようにするためには、あらぬ疑いをかけられないことが何よりも重要です。何らかの疑いを掛けられて探偵を利用されるということになると、大体の場合は不倫が暴かれてしまいます。